看護セミナーを受けてみよう

看護師のための認知症ケアセミナー

看護師のための認知症ケアセミナー 現在、65歳以上の高齢者の内、7人中1人が認知症と推定されていますが、年々この数字は増える傾向があり、介護の現場でも高齢者のケアが重要視されています。
そこで、この度開催される認知症ケアセミナーでは、高齢者の心と身体をケアする上で知っておくべき知識を、短い時間で身に付けることができます。
プログラムは、特に看護師を対象に構成されていますが、それ以外の人が参加することも可能です。プログラムの内容は、認知症の4種の型やケアの方向性、高齢者と接する場合の基本的な心構えなどです。
そしてその知識を、医療の現場にどうやって応用していくかも学ぶことができます。尚、多くの人が参加しやすいように週末を利用して開催されますが、定員が決まっているため、予約が必要です。
また高齢者看護学を専門とする看護学博士が講師を務めますので、有意義なセミナーになることが期待できます。
さらに動画の視聴や、実際の事例を通して学べるので、すぐに役立つ実践的な知識が得られます。

看護師のスキルアップに繋げるセミナー

看護師のスキルアップに繋げるセミナー 常に変化し続ける医療業界にいる看護師は患者様に安全で的確なケアを行うために勉強し続ける必要があります。所属している病院で独自の勉強会を行っていることも多いですが、より深く学びたい場合は医療者を対象としたスキルアップセミナーに参加することをおすすめします。
業務の上で不可欠や必要な心電図、輸液管理、検査データのみかた、フィジカルアセスメントの方法などを指導してくれるものや、脳や循環器など各領域の疾患や治療について深く説明してくれるものなど様々なセミナーが開催されています。
現役の医師や看護師かが講師なので現場で生かせる知識を分かりやすく教えてもらえます。このようなセミナーは医療や看護についての本を出版している出版社が主催している場合が多く、インターネットや看護師対象の雑誌の巻末で募集をかけています。
スキルアップすることで自分のケアやアセスメントに自信が持てるようになります。ぜひ参加してみてくださいね。