看護セミナーを受けてみよう

看護師の現場で役立つ!経腸栄養を行う患者のケアのセミナー

看護師の現場で役立つ!経腸栄養を行う患者のケアのセミナー 人口における高齢者比率が増え続ける中、医療現場では経腸栄養の為の処置・ケアを行うケースが増加しています。
経口で栄養を摂れなくなった患者の生活の質を保つ上で必要な処置ですが、その一方で、下痢・電解質異常・血糖値の不安定化といった合併症も多い処置となります。
にも関わらず、必要な患者の増加からこうした処置は何となく行われている事も少なくありません。
無論各々の処置は医師・看護師が行いますが、必ずしも経腸栄養の専門家では無いという事実があります。
これでは先述の合併症の防止・ケアに不安が残ると言えます。
そこで近年、経腸栄養ケアを行う現場看護師向けのセミナーが数多く開催されるようになっています。
日常業務に繋がるような内容で基本的な事から網羅するものが多く、セミナーによって苦手な行動の克服・安全安心なケアの確立に繋がっています。
経腸栄養ケアの必要性・需要は今後益々高まって行く事が確実な為、人材の育成面でもセミナーへの期待は高まっています。

看護師が実践に強くなるための集中セミナー

看護師が実践に強くなるための集中セミナー 今日のワンポイントセミナーは最近の精神医療で提唱されているリエゾンナースの在り方を踏まえ現行の看護の現場を考えてみましょう。
まず現在の精神科における集中看護の状況では24時間の観察推移から治療方針を固めてゆくということがあると思いますが、これは患者の心の負担はとてつもなく高いということを先ずは念頭に置いておいて下さい。
保護室、閉鎖、開放問わず目の前の患者さんは貴方の足の下の存在ではないのです。
もちろん急場で指示を聞いてもらわないと困るので看護のエキスパートであるということは周知してもらうことは重要ですがやりすぎには羞恥の心を持ってほしいものです。
目の前の患者さんは貴方を上回る技量を持っていることもあります。
なんでも立場上の優位をもって一気にオーガナイズしてものを語らないように。
その高血圧や頻脈を作り出してるのは貴方の看護スキルかもしれません。
市民セミナーなどで講演を頼まれたら胸を張って経験を述べられる寄り添う医療を実践できるナースを目指してほしいものです。